キャッシュバッカーの見分け方

キャッシュバッカーの見分け方

キャッシュバッカーとは

女性がポイントをもらえる出会い系サイトではキャッシュバッカーと呼ばれる一般の女性がいます

彼女たちは出会いを求めて登録しているのではなく男性からメールを受信したり、掲示板に投稿したり、写メを見られたりする事でポイントを稼ぎ、webマネーなどの換金目出来で登録している悪質な利用者の事です

会う気が全くない訳ではないですが会う確率は極めて低く男性側からすると本当に迷惑な存在となります。出会い系サイトは、どうしても男性の登録者が多く女性の登録者が少ないのが実情です

反対に女性の登録者か多いと宣伝しているサイトは、ほぼサクラだと思って間違いないです。優良の出会い系サイトは、サクラを使っていないので、一般の女性に活発に利用してもらう必要があります。

受け身の女性に積極的に掲示板に投稿して欲しいまたメールをくれた男性に返信をして欲しいと言う理由から運営者側がキャッシュバック制度を取り入れたと言う訳です

キャッシュパッカーの手口

短いメールで何度も返信してくる

キャッシャバッカーは、メールを受信するたびにポイントがもらえますので、複数の男性と短い文章で、メールのやりとりを引き延ばそうとします

何点か質問しても、全部には答えず、複数のやりとりで少しずつ答えたり、また短時間でポイントを稼ぎたいのでメールを送ると、すぐに返事が返ってきます

もちろん一般の女性でも、たまたま返事が早い場合もありますが、いつも短い文章で、レスポンスが早い場合は疑った方が良いです

女性側から積極的に会いたがる

会える雰囲気を漂わせ、何度がメールのやりとりをし、女性側から会いたいとメールが届けば、男性側は必至で返信をします

でも結局会う約束も、メールやLINEなどの連絡先も聞けないままプッツリとメールの返信がなくなります。

本当に会う気のある女性はすぐに直接連絡が出来る、メールやLINEを教えでくれます。何度連絡先を聞いても出会い系サイト内でやりとりをしたがる女性は要注意です

男性の下心に付け込んだエッチな内容

最終的にはエッチが目的で出会い系を使用している男性も多いと思います。その男性の下心に付け込み、エロい女性だと思わせる内容を掲示板に書き込んだりして会えれば即エッチ出来そうな女性を装います

また「ホ別2」や「お願いあり」など援助交際を匂わす書き込みをし、男性側はお金が絡むにしても会えてエッチが出来る女性だと認識します。

全然女性と会えていないと、とりあえずエッチが目的なら援助でも女性と会いたいと思う男性も少ないありません。そんな下心に付け込んだ手口です

この場合も何度かメールのやりとりをした後連絡が取れなくなります

でも実際にエッチ目的の女性がいる事も事実です。その場合はみんなが閲覧できる掲示板などではなくメールやLINEなどでやりとりを始めた時なら本物のエロい女性の確率が高いです

プロフィールの写メを過激なものを掲載

凄くエロいプロフィールの写メをのせている女性も要注意です。男性はどうしてもエッチが出来そうな相手にメールを送ってしまいがちですが、ちょっと冷静に考え下さい。一般の普通の女性が、みんなが閲覧できる場所にエロい写メを載せる事はしません。

男性とメールをやりとりをし好感を持てれば、個別に写メの交換をしたりしますのでその時ならまだわかりますが、誰が見ているかわからない出会い系サイトに堂々とエロい写メを掲載する女性はいなと思って間違いないです

女性からしたら、知り合いに見つかる可能性もありますし、写メが悪用され何に使用されるかわかりませんので。エロ写メにはつられず冷静になりましょう